まつもとりっぷ

現地人に溶け込む型世界放浪の物語。

くっそ田舎・カンボジアとの国境の街アイザン

世界一周ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしていただき、サイトに飛んでいただくと自分に1票はいり、
投票になります。
一日一クリック( ̄^ ̄)ゞ応援お願いします。


にほんブログ村




昨日の、怒涛の勢いでホーチミンにきて、怒涛の勢いでホーチミンをバイクで走り回ったなおちゃんとエロ(ベトナムの友達)と一緒にエロの故郷、カンボジアとの国境にある町アイザンに来ました。

エロが地元の友達で高校の教師をしているジェイムズ(イングリッシュネーム)を呼んで、4人でエロの故郷を回ることに。

ホーチミンのあの汚い空気とは打って変わって、すごい田舎でいい場所!

エロのおすすめの場所があるということで、連れてってもらうことに。
なんとおすすめの場所は山の上にあるらしい。ロープウェイ使って頂上行くらしい。
テンションあがる(笑)

山まではやはりモーターバイクを使います。本当にモーターバイク社会。

ところでエロ何個モーターバイク持ってんの?
4個。。。。そんなにいる?モーターバイク(笑)


IMG_3604.jpg


影分身の術!!
山の上に上り、こんな感じでエロが影分身しちゃうほど、エロ故郷に帰ってきて喜んでる。
いやよかったよかった。
それにしても似てる。なんでこんなに似てるんだ(笑)


IMG_3588.jpg


意外とこの山、高くてこの雲の上にあります(笑)
ロープウェイで頂上までいくのに10分ぐらいかかったかな~


IMG_3605.jpg


なおちゃんがどうしてもエロと2ショット撮りたいっていうから撮ってあげた。
(本当は勝手に映り込んできた。なんてやつだ。)

そういえば、この日ジェイムズと話す機会が多くていろいろベトナムの教育のことを聞きました。

ベトナムも日本と同じで英語を話すことにあまり慣れてない国らしいです。
ベトナムの教育方針も、スピーキングに重きを置いておらず、文法ばかり勉強しているらしい。日本と全く同じ。だから、子供たちはだんだん、英語の勉強をすることをやめていくんだとか。

また、ホーチミンやハノイのような都市では起こりえないが、アイザンのような田舎だと学校がモーターバイクを使い1時間半とか2時間とかもあり得るらしいです。
だから、子供たちは学校に行きたくても交通の部分で苦労してあまり来る子供たちもいるんだとか…。確かに高校生にでもなればモーターバイクで行けるのかもしれないけど、小学生、中学生たちはどうしようもできないですよね~。

ジェイムズも高校に英語を教えるために、毎日1時間半かけて通勤してるみたいです。
ジェイムズ頑張ってほしい。



IMG_3615.jpg


山を下りて、次に行くのは森と川。
山と森、川ってサバイバルしに来てるような。


でも、おれが想像していた川とは違い、見たことのない川だった


IMG_3639.jpg


なんだこの天国みたいな川。
この時期は雨期だからいないけど、雨期じゃなかったら、鳥とかたくさんの動物がこの川に浮かんでる葉っぱの上を歩いてるらしい。

すごいなこれは~。絶景絶景。
たぶんここに行けるのは現地人だけだよね。
これ俺だけの絶景だわ(なおちゃんいたわ。くっそ、俺だけの絶景スポットが…)


IMG_3640.jpg


ジェイムズも日本人の女の子と話せて嬉しそう(笑)
エロが写ってない(笑)エロどこだ~。


実はこの後、めちゃ風邪をひきました。たぶん38度オーバー。
そんな中、エロはおれを休ませてくれない、おれを寝させてくれない。
極悪非道のエロ。

アイザン中をモーターバイクで回り、さらにエロのおばあちゃんに挨拶をしに行くことに…。

でも、エロのおばあちゃんがご飯作ってくれた。
めちゃ優しい。


これを終え、やっと寝れる。と思ったら、
またまた極悪非道のエロ。全然寝かせてくれない。

地元の友達を呼んで、なぜかまたご飯を食べに行く。
無限の胃袋の持ち主だからしょうがないけど、おれとなおちゃんはギブ。


やっと、これでエロの家に帰って死ぬように(本当に死ぬように)寝ました。
この体調で本当によく頑張ったおれ(笑)
エロ家族に心配される始末。


IMG_3643.jpg


実際、頭はカチ割れるぐらい痛かった。でも人間逆境になったときほど強くなる
頭が痛いを理由に寝てる暇があったらフリーキックの練習をする。
だって、ブラジルの人、風邪ひいても寝ないでしょ!サッカーするでしょ!

本田圭佑風。ACミランだしな。




世界一周ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしていただき、サイトに飛んでいただくと自分に1票はいり、
投票になります。
一日一クリック( ̄^ ̄)ゞ応援お願いします。


にほんブログ村




スポンサーサイト

 ベトナム

0 Comments

Leave a comment