まつもとりっぷ

現地人に溶け込む型世界放浪の物語。

ゲイに狙われつつも到着。スリランカ、世界遺産の街キャンディ

【世界一周ブログランキングに参加中】
下の「世界一周バナー」をクリックしていただき、
サイトに飛んでいただくと自分に1票はいり、ランキングの順位がUP♪

クリックしてくれたら、泣くほどうれしい。



にほんブログ村
*一日一クリック有効です。応援お願いします*




今日は、スリランカ世界遺産の街キャンディに着きました。
首都コロンボを飛ばしてのここキャンディ。
本当は、コロンボで一泊して休もうと思ったのですが、これには訳がありまして…


IMG_5943.jpg


昨日のお昼、エロ(ベトナムの友達)に空港まで送ってってもらい、
ホーチミンから、クアラルンプールを経由して、スリランカのコロンボ空港に到着しました。
昨日、コロンボ空港に着いたのが、夜の10時だったので、この日はコロンボの市街地まで行かずに空港で寝ることに。

歯磨きをしにトイレ行くと、日本人と遭遇。
別に女の子もいて、彼らはボランティアでスリランカに来たのだとか。
二人とも大学生。ボランティアの国際団体に所属していて、
この一年間、世界でボランティアをするらしい。なんかすごい。
女の子は、1か月くらいタイのボランティアで英語をタイの子供たちに教えてからスリランカに。
男の子はミャンマーでボランティアをしてからきたらしい。この男の子、世界一周をしながらボランティアをするんだって。すごい

って感じであまり寝れずに、朝になっちゃいました。

二人はコロンボ行かず、別の場所でボランティアの団体と待ち合わせ。
空港でお別れっす。


IMG_3755.jpg


ってことで張り切っていこう。
とりあえず、インターネットで事前に調べておいた空港のコロンボ行きバス乗り場に行ってみた。

待ってると、周りのタクシーのおっさんたちが、
“今日はホリデーだから、バス来ないよ。今日バスは休みだ。俺を信じろ。”
“おれがコロンボまで送ってってやるよ”
“お前どこから来たんだ??日本?ヘイマイフレンド~”


うるせええええええええ~~~~~~~~

でも本当にバス30分しても来ない。本当にホリデーなのかな?
そうするとまたおっさんたちが

“ほら、バス来ないだろ。おれはここで10年も働いてるんだ。おれを信じろ”

くっそ~~タクシー乗るしかないのか~~。っと思ってたら
警察官 “君どこ行きたいの?”
おれ “コロンボ行きのバス探してるんですけど”
警察官 “コロンボ行きなら、あっちだよ”

結構違う場所を指刺された。

おっさんたちはちって顔してる(笑)
よっしゃータクシー乗らずに行けそうだ。
指刺された方向に歩いてみると、バスが止まってた。

IMG_3762.jpg


でも、このバスのな中で事件は起きた。

バスに乗り、少しするといきなりおっさん(またおっさんかよ)が隣に座ってきて、
おっさん “どこから来た?なに東京?”
おれ “東京だよ。”
おっさん “来年から俺の息子も東京の大学に行くんだよ。エレクトロニックの”
おれ “俺もエレクトロニクスを学びに大学いってる。おれの大学の教授スリランカ人”
おっさん “そうそう、おれ、君の大学の教授と知り合いで彼に紹介されて息子は日本に行くことになったんだ”



スーパーわかりやすい嘘つくな!!(笑)もはや、これはだましに来てない(笑)
ここまで来たらギャグのレベル。

最初のうちは話してるのも楽しかった。

さらにいきなり、
“水持ってくるの忘れた。水くれないか?”
“このキーホルダーいいなあ。これおれにプレゼントしてくれないか?”
“このバックの中には何が入ってるんだ?パソコン?見してくれないか?”
“日本のお金はもってる?見してくれ!”


もうむちゃくちゃだわ。まあ、こういうダルがらみもスリランカのいいところっぽいから全然気にしないんだけど…

でもここまでは全然よかった。かわいいもんだった。
そこから、おっさんはエスカレート。

”お前の髪の毛、すごいいいな。女の子みたいでかわいい“
“今から、紅茶飲みにいかないか?そのあとあれの家に来い”
“お前駄目じゃないかこんなに短いズボンはいちゃ。こんなのはいていいのは女の子だけだぞ”

とか言われ、太ももとかめちゃ触られる(笑)体めちゃ触られる。
そう、こいつはゲイでバスにのりこんだ時から狙われてた。
そして、なぜか俺はゲイにモテる。タイのアユタヤでもゲイに狙われたし、フィリピンのバギオでもゲイに好かれた。

めちゃ、キレたら、
“怒るなよ。友達だからいいだろ”
“俺はお前とファックしたい”
“俺は男とのファッキングが好きなんだ”

一瞬リアルに虫唾が走った。
コロンボに着いたらお茶しようとか言ってくる。
お茶しに行ったら、薬盛られて、犯される。
断ってもコロンボ中どこでもついてきそうだ。

うわ~やばい。決めた。もういっそのこと、コロンボから速攻でよう。

首都コロンボのバスステーションから降りた後、速攻でキャンディ行のバスを探して乗り込んだ。

おっさん “ヘイ!どこ行くんだよ!コロンボに滞在するんじゃなかったのか?”

さすがに、キャンディまでは追ってこなかった…

いや~危ない危ない。
というわけで、コロンボには立ち寄らず、コロンボからバスに揺られ3時間、キャンディに到着。


IMG_5947.jpg


キャンディの街、とても穏やかで過ごしやすいです。
みんないい人ばかりだし。
この写真撮ったときなんか、この学生たちに、
“どこから来たの?”
“名前なに??”
“キャンディの街はどう?”
“忍者って本当にいるの?”
などなど、質問攻め!

いや~いい街だ。
街を散策して日中、死ぬほど暑くなったので、ゲストハウスに避難。
やっぱり、昨日寝てなかったから疲れてたのかバタンと寝てしまい、
起きたらもう夜に。

隣のベットで寝てたイギリス人が片言の日本語で、
“あの~。日本人ですか?”


IMG_3813.jpg


イギリス人が日本語しゃべっとる。
彼はフランク
ロンドン生まれロンドン育ちで、今日本に仕事の関係で住んでるらしい。
しかも、フリーランスのカメラマン兼プログラマー。
写真とか見してもらったけど、本物のカメラマンって感じ。

彼の片言の日本語と俺の片言の英語が入り混じったなんとも奇妙な会話が成立してしまった。
なんか、もっと英語話せればもっと楽に話せたのに申し訳ない。

今、彼は東京の外苑時前の会社で契約していて、東京が気に入ったみたいで日本に住みたいらしい。
フランク “なんで、日本人ってみんなパスポート持ってないの?”

こんな質問が飛び出した。

おれ “何でですかね?みんな日本で満足しちゃってるんですかね?”

フランク “日本人は外国に旅行に行かなすぎだよ!外国に行くこと自体が
いい勉強になったり、刺激なるのに何でいかないの?おれ本当に驚いたよ。”

おれ “やっぱり、言葉ですかね…?一番の問題は”

フランク “日本人は言語に壁を感じすぎ。言葉なんてコミュニケーションのツールなんだからそんなに深く考えなくていいと思う。日本人はあと、計画が崩れるとすぐ頭がパニックに陥る。何とかなるんだから大丈夫だって。”

日本は先進国でお金もあって、外国に旅行に行こうと思えば行ける国なのに、みんなパスポートすら持ってないことに驚くらしい。ヨーロッパはほぼ100パーセント。
それに対して日本は30パーセント。
これって、すごく奇妙。よく考えたら本当になんでみんな外国に行かないんだろ。

英語が話せないからって外国行かないのは本当にもったいないと思う。話せるに越したことはないけどさ…。
すっかり、日本の話と、俺が初めていった一人旅イングランドのことを話してたら時間もたち、夕ご飯を食べに行くことに。

ロンドンには、インド人もたくさんいてカリー屋が多いんだって。
知らなかった。ロンドン中回ったのに…。

この町キャンディーで人気のカレー屋にきて、チキンカリーとミルクティーを注文。
ウエイターから、このカレースパイシーだけど大丈夫?
たぶん食べられないよ?って言われたけど、

行けるっしょ!食べます。辛いの好きだし!


IMG_3982.jpg


チキンカリー。うわーうまそう!いただきます。
からああああああああ

地獄のような辛さでした。
食べ物じゃないレベル…。

フランクは日本人は辛さによわいよね~とか言いながら余裕に食べてる。
おれ初めて、カレーを残した…


IMG_3981.jpg


ミルクティーは激甘で最高。
やっぱり、スリランカはミルクティーに限るね~。

宿に戻り、この日は終了。フランクは明日の朝速攻コロンボに帰るらしい。
またね。日本で会いましょう。





【世界一周ブログランキングに参加中】

本当に、クリックお願いしますね~(´;ω;`)


にほんブログ村
*一日一クリック有効です。応援お願いします*

スポンサーサイト

 スリランカ

0 Comments

Leave a comment